【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【政治】民主党政権 #03-16(政権運営)反省したフリ???
2011年01月27日 (木) | 編集 |
相変わらず……問題だらけの民主党政権による国会運営ですが……。
民主党は、真面目に国会を機能させようとしているのでしょうか???
自民党の票で国会議員になっている与謝野氏を内閣に取り込んだ時点で、与野党の溝が一つ増えたのですが……。

国会の開会にあたり、菅総理が演説をしましたが、何が言いたいのか……具体性がなく理解できません。
まあ……衆院選のマニフェストで具体的に提示し過ぎると後が大変……との思いがあったからなのか……と思ったりしますが……。
しかし今回の演説は、衆院選のマニフェストと同様、現状を理解していない者が広げた大風呂敷としか思えません。
本当に……民主党政権は、何を考えているのでしょう。
国民新党の亀井代表が「国家の基本は防衛と関税自主権だ。関税をゼロにするなんて、できもしないことを『6月までに結論を出す』と言う。出せますか?そんなことをしたら、普天間(飛行場移設問題への対応がきっかけで退陣した鳩山政権)の二の舞いになる」と述べ、首相の政権運営を批判した【注①】ようですが、もっともな話です。
民主党政権が目指す国造りの基本理念が見えません。
どう考えても「日本という国をなくしてしまおう」とか「どこかの植民地にしてしまおう」とか「財政破綻させて、どこかの国の属国にしてしまおう」とか……そういう風にしか見えないことばかりやっています。

また、国会の開会前に「今後の国会運営のあり方に関する提案」と題した文書を配布して回り、国会運営の協力を要請した【注②】ようですが、相手をバカにするにも程がある……と思います。
自分たちが野党時代にしてきたことを棚にあげて、「国会運営が上手くできないから協力してくれ」と言われて、相手が「いいですよ」と言ってくれるとでも思ったのでしょうか?
本気で「真摯に反省」するなら、やらなければならないことは別にあると思うのですが……。
要するに「反省したフリをすれば、何とかなる」程度にしか相手を見ていない……そういうことではないでしょうか。

その上で、菅首相は「野党もきちっと対案を」とか「本物の熟議の国会に」と言った【注③】ようですが、これも相手をバカにしているとしか思えません。
野党は最初から対案を出していたにも関わらず、採決を強行したのは民主党側ではなかったでしょうか?
キチンと時間を掛けて審議しましょうと言われているにも関わらず、採決を強行したのは民主党側ではなかったでしょうか?
この辺りからも「真摯に反省」などしていないことがわかります。

多分……これは国民に対しても同じでしょう。
反省したフリをすれば、次の選挙も何とかなる……そんな風に思っているのではないでしょうか???


------------------

【注①】
 ※参考URL:亀井代表、政権への怒り爆発…定例記者会見で
【注②】
 ※参考:真摯に反省、民主が国会運営協力要請…野党反発
【注③】
 ※参考URL:国会召集、首相「野党もきちっと対案を」
 ※参考URL:首相「本物の熟議の国会に」、野党は対決姿勢

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記