【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【社会】五輪組織委のゴタゴタ(その2)
2021年02月21日 (日) | 編集 |
オリ・パラ組織委員会の会長が、橋本氏に決まりました。
橋本氏が悪いわけではないのですが、政府にとっても東京都にとっても、森氏よりは物を言いやすい相手に変わったように思います。

選考委員会が密室で行われたことについて、JOCの山下氏が、あちこちから圧力が掛かるから……というようなことを理由として挙げられていました。
確かにその面もあるでしょうが、公開しておけば、圧力が掛かっていた場合、「何かがおかしい」と分かってしまうのではないか?と思います。
また公開で選考するとなると、候補に挙がったものの最終的に選ばれなかった人の人権を考えて……という話もありました。
確かにそういう面もあるのでしょうが、そうであれば理事会で候補として挙げられた人の中から投票で決めれば良かったのではないか?と思います。
まあ……元々、立候補方式を採らなかったので、投票で選ばれなかった人には気の毒な話になるのですが……。
そうなると選考委員会で選考された人に、推薦して良いかを聞いた上で、理事会の選挙という形にすれば良かったのでは……と思います。

検討委員会のメンバーも会議の内容も分からない……その状況で決められた新会長の候補者選考。
それでは、最初から新会長の候補が決まっていて、その人を選考するというルートに載って話をしていたに過ぎないと疑われても仕方がないように思います。

オリ・パラ組織委員会について思うのは、オリ・パラ組織委員会が「組織」であれば、会長に何かあった場合に、継続的に組織を動かすための人選をしておかなかったのは何故?ということです。
というか……普通の組織であれば、そうなっているのではないでしょうか。
今回は、失言で会長が辞任しましたが、もし事故や病気で会長職を続けることが出来なくなかった場合でも組織は動いていかなければならないのですから、この状態は組織としておかしいと思います。
その意味では、オリ・パラ組織委員会を「組織」として見直して、立て直すところから始めてほしいと思います。

それにしても橋本氏の今後は、本当に大変だろうと……。
先週も書きましたが、
 ・開催、中止、再延期の判断
 ・IOCとのやり取り
 ・中止した場合、スポンサーの対応
 ・中止した場合の費用負担
 ・開催する場合、新型コロナの対応
  ※競技者に感染者が出た場合の対応
  ※感染者が出た場合、クラスタ化する可能性がある
   →競技そのものを中止するかどうか?の判断
  ※観客をどうするか?
   →無観客もしくは観客数を制限して行う場合、観戦チケット収入の穴埋め
 ・感染が拡大した場合の責任問題
等、整理しておかなければならないことが沢山あります。
本来は、オリ・パラを招致した東京都の責任が大きいはずなのですが、これまでの動きを見ていると……。
オリ・パラが成功すれば、政府(国)や東京都が手柄を持っていくような気がします。
でも中止や新型コロナ関連で何らかのマイナスがあれば、オリ・パラ組織委員会が責任を負うような構図になってしまうのではないか?と……。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記