【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【社会】宮城県の性犯罪前歴者に対するGPS携帯の所持についての条例の制定検討について
2011年02月04日 (金) | 編集 |
多くのメディアが取り上げていますが、【注①】「とうとう」と言うべきか……「ようやく」と言うべきか……この種の法令について、真面目に考えるようになって来たようです。
日本において、この種の議論はタブーに近いモノがありますので、勇気ある行動と言っても良いでしょう。

この種の法令が議題に挙がると、必ず出てくるのが「基本的人権の制限」という意見です。
そもそも法令は、直接的に / 間接的に……どこかで「基本的人権の制限」を行うものですから、この種の法令についてのみ「基本的人権の制限」を口にするのは、変なのですが……。

さて、この国は法治国家であり、根底にあるのは『法のもとの平等』です。
したがって、「何でも平等」とされているわけではありません
そして、法は「多数の人が幸福になるため」に定められるものであって、そこに私的な事情が入る余地はありません
逆に言えば、法令では「私的なことをを縛る」ものは作ってはいけない……ということでもあります。
これが「公・個・私」という考え方の基本です。【注②】

統計的な数字を見てみると、強姦の犯罪者が再び性犯罪を繰り返す再犯率は15・6%(10年版の犯罪白書による)ですから、100人に15~16人、10人のうち1~2人は同様の犯罪を繰り返しています。
この数字を見れば、「そういう人に近所にいてほしくない」という気持ちになることは理解できるでしょう。
また、そういう人が近所にいる場合には、何らかの抑止力が必要だという気持ちになることも理解できると思います。
これを人的労力で行うとなれば、相当の対価を準備する必要がありますし、そのための法令整備も必要となります。
その意味では、他国が行っているようにGPSによる監視を不当とする理由は見当たりません

ここで問題になるのが、GPSの所持が「私的なことを縛る」ことになるのかどうか?ということです。
これは、場所を特定されるということが「私的なことを縛る」ことになるのかどうか?という問題ですから、私的な空間における詳細情報までは必要なく、公的空間のどの辺りにいるのか?とか……その程度がわかるものであれば、クリアしてしまうと思います。
要するに、これはGPSの精度の問題であって、少し前のカーナビ程度の精度であれば問題ないように思います。

報道には、
 「人間同士の信頼感をなくす表面的な手法。性犯罪の厳罰化、出所後のケアに力を入れるべきだ」
 「罪を犯した後に心を改めた人もいる。監視すれば何とかなるというのは短絡的な考え」
 「女性が駆け込める機関や、相談組織の整備などを進めるべきだ」
 「再犯防止の点で正しい……規制強化で加害者がふさぎ込み、自殺する可能性も考えられる。再犯防止に向けた教育など別の方法を検討する余地もある」
等の否定的な意見があります。
しかし、これらは第3者であれば……言えることであって、実際の性犯罪被害者やその家族であれば口にすることはできないことだろうと思います。
監視される側の私的事情を考えるのであれば、実際の性犯罪被害者やその家族側の私的事情も考えなければなりません

この種の法令が問題になるのは、拡大解釈がされる可能性がある!という点です。
これについても報道には、
 「何事も監視する窮屈な社会になりそう。独裁政権の国を連想させる」
 「性犯罪者以外にも監視が及ぶようになるかもしれない」
等の意見もありました。
東京都の青少年育成保護条例の変更【注③】についても同様ですが、この種の法令を考える時に最も必要なのは、「拡大解釈できなくしておくこと」です。
つまり「対象を細かく制限しておくこと」が必要となります。
これをしなかったのが、東京都の青少年育成保護条例の変更であり、この条例は大きな欠陥を抱えたものと言えます。

今のところ「議論のテーブルに載せましょう」というところです。
賛成派も反対派もヒステリックにならず、議論する必要があると思います。


------------------

【注①】
 ※参考URL:性犯罪:前歴者にGPS携帯 宮城県、条例制定検討へ(毎日新聞 2011年1月22日 12時41分)
 ※参考URL:宮城県、性犯罪前歴者のGPS監視検討 唐突な表明に不信感も(河北新聞2011年01月23日日曜日)
 ※参考URL:性犯罪前歴者にGPS携帯義務づけ 宮城県が条例検討(MSN産経ニュース 2011.1.22 22:42)
 ※参考URL:性犯罪前歴者にGPSの携帯義務付け 宮城県が条例検討(朝日新聞 2011年1月22日15時3分)
 ※参考URL:性犯罪やDV前歴者をGPSで監視検討、全国初(読売新聞 2011年1月23日01時31分)
 ※参考URL:宮城県、性犯罪前歴者にGPS案 警察監視、DNA提出も(2011/01/22 16:15 共同通信)
 ※参考URL:性犯罪者前歴者にGPS「人権侵害目的でない」 宮城知事(日本経済新聞 2011/1/24 22:36)
【注②】
 ※参考:【社会】公と個と私
【注③】
 ※参考:【社会】東京都の青少年育成保護条例の変更議論について

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記