【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【医療】国保と健保 #07
2011年03月03日 (木) | 編集 |
前回【注①】の続きです。

これが国保と健保を比較した場合の不公平です。
では「なぜ保険料に差が出るのか?」です。

一つは、最初から書いていますが「医療費総額の差」です。
これは原則論ですが、健保に属する者は雇われているために周囲の者との関係の中で休暇を取ることになります(組織の内外を問わず、スケジュールを調整して)し、休暇を取るために申請行為を必要としますから「少し風邪気味だなあ~」とか「ちょっと腹が痛いなあ~」では医療機関(病院、診療所等。以下、同じ)には行きません(行くことができません)。
これに対して自営業では、ある程度は自己都合で休暇をコントロールできます。
この差が、医療機関へのアクセスの度合いを変える要素となり、医療費総額の差となります。【注②】

もう一つは徴収方法の問題です。
前に書いた【注③】ように、健保は給料からの引き去りですし、国保は自主納付です。
そうなると滞納する率に差が出ます。
保険料で集めなければならない額は『(医療費として必要となる金額-窓口負担分)÷2』で算出され、これを何らかの数で割り戻したものが一人当たりの保険料となります。
これが基礎数値なのですが、滞納する者が出ると不足してしまいますので、その分を上乗せしておく必要があります(そうしなければ、医療機関への支払いができません)。
したがって、滞納者分を上乗せされている部分に差が出ます。

これらが保険料に差が出る要因です。

(続く)

 medical(S).jpg
 (この絵については、こちら

------------------

【注①】
 ※参考:【医療】国保と健保 #06
【注②】
 ・医療施設へのアクセスの具合については、医療施設が多くある地域では一人当たりの医療費が高額(当然、同規模の自治体であっても医療費総額も高額)となり、医療施設が施設が少ない地域では一人当たりの医療費が少額(当然、同規模の自治体であっても医療費総額は少額)となる傾向になることからもわかります。
【注③】
 ※参考:【医療】国保と健保 #02
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記