【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【医療】国保と健保 #08
2011年04月07日 (木) | 編集 |
前回【注①】の続きです。

ついでですので書いておきますが、話をしている時に「国保には高齢者が多かったから……」ということがありました。
また「以前は、国保には高齢者が実際に多かったからでは?」とのこともありました。
この理論では、後期高齢者医療制度により高齢者を国保から分離した後には、国保分の保険料は下がっていなければ辻褄が合いません
しかし……実際には国保分の保険料は下がっていません。

辻褄が合わない理由は簡単です。
もともと国保の保険料の算出する際に使用する数値は、「老人医療の対象及び退職者医療制度【注②】の対象となる者(以下「高齢者等」とします)を除いた者の数字を使っていた」からです。
要するに『もともと高齢者等の医療費は、保険料の率/額には関係なかった』ということです。
この部分については、総医療費から保険料収入を引いた部分について別計算で国等から国保に税金が投入されていました。【注③】
したがって、保険料額に関係するのは「同程度の世代が使った医療費総額」と「滞納者の率」ということになります。
医療費の総額も問題なのですが、滞納者が存在することが大きな問題です。
一方は強制徴収されますが、他方は滞納することが可能な制度では、その保険料の高低を比較すること自体が間違っています。【注④】

これを誤魔化しては、キチンとした話はできません。

(続く)

 medical(S).jpg
 (この絵については、こちら

------------------

【注①】
 ※参考:【医療】国保と健保 #07
【注②】
 ※参考URL:退職者医療制度(wiki)
【注③】
 ※大雑把な言い方をします。
 ・老人については、複雑な計算により国から自治体の国保に支払が行われ、これを医療費として支出していました。
 ・退職者については、医療費-保険料徴収額が基金から自治体の国保に支払われ、これを医療費として支出していました。
【注④】
 ・この差が、保険を一本化できない最大の理由です。
 ・詳しくは、別項で書きます。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記