【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【社会】制度と文化 #02
2011年04月28日 (木) | 編集 |
前回【注①】の続きです。

わかりやすく言えば、「制度は文化の上にしか成り立たない」ということです。
北欧の福祉制度は北欧の文化の上にしか成り立ちませんし、アメリカの自由競争はアメリカの文化の上にしか成り立ちません。
日本の家元制度もそうですし……そういうものは世界中にはたくさん存在します。

よく「日本流にアレンジして……」という話を聞きますが、それは集団(組織や社会)に余裕がある時には可能でしょう。
アレンジして日本文化に合うようになるまでには、それなりに時間を要します。
その間、不具合を許せるだけの余裕があるのかどうか?の問題です。

ここを考える際に必要となるのが、本来は「Risk Management」です。
Risk Managementは時間軸を考慮に入れて、メリット/デメリット、ベネフィット/リスクを比較します。【注②】
ただ、この考え方を集団に導入すること自体が、かなり難しい作業です。
そういう意味では、集団に余裕がなければキチンと導入することはできません。

これまで日本が「日本流」にアレンジして制度を作り替え、運用できたのは、高度経済成長やバブル等で社会に余裕があったからです。
その時代と同じ感覚で取り組めば、成功例は失敗例よりはるかに少ないでしょう。

また前回、『異なる文化圏の制度を取り入れる場合、その根底にある文化の概略を抑えておかなければ、メリットよりデメリットの方が大きくなります』と書きましたが、制度をアレンジする場合にも同じことが言えます。


------------------

【注①】
 ※参考:【社会】制度と文化 #01
【注②】
 ・この辺りの考え方は別項参照。
 ※参考:【Risk Management】
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記