【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【政治】民主党政権 #25-12(東日本大震災)
2011年03月29日 (火) | 編集 |
菅直人首相は、首相は東日本大震災の被災者支援や東京電力福島第1原発事故をめぐる政府の指揮系統について「自分としては一生懸命やっているけれど……」と漏らしたとのことです。【注①】
政治は結果責任……そう言った人の言葉とは思えません。
「一生懸命やっている」ではダメではないのですか?
自分は許されるとでも思っているのでしょうか?
こんな言葉に責任を負わない人が日本の総理大臣だなんて……考えたくはありません。

現場では、多くの自衛官の方々が大変な思いをされています。【注②】
現場の大変さは、現場にいなければわかりません。
現場では、色々と困難なことがあっても作業を続ける……。
どうすれば良いのかを判断しながら行動をし続ける……。
その大変さは現場にいなければわからないでしょう。
政府は、「部下だから使えばいい」と思わないでほしい。
あくまでも苦労するのは現場で動いている人たちです。
その苦労を想像してみてほしいものです。
そして、その苦労にはキチンと報いてあげてほしいと思います。

それと前にも書きましたが……このような災害が発生した場合、それまで人間と一緒に生きてきた動物(ペット)達への対応は後に回されます。
しかしペットとして暮らしてきた動物達は、自分の力だけでは生きていけません。
"かみーゆ"は捨て猫でしたが、自分で食物を得る術を持っていませんでした。
人間に持ってきてもらうまで待っている……。
多分、"こうめ"も同じでしょう。
そういう動物達を放置しておくことは、「死ね」と言っているのと同じです。
普段は「動物を大切に」と言っている人は多いのですが、こういう時に同じように考えることができるのかどうか……。
少しでも多くの命が救われることを願っています。


▼▼▼【注】はこちら(続きを読むをクリックしてください)▼▼▼
■■■ 【注】 ■■■

【注①】
 ※参考URL:首相「外からは指揮系統が複数に見えるのか」ボヤキ
 ※参考URL:首相がまた愚痴「一生懸命やっているのに…」
【注②】
 ※参考URL:写真とメールが物語る、黙して語らぬ自衛隊員の姿(1/3)
 ※参考URL:写真とメールが物語る、黙して語らぬ自衛隊員の姿(2/3)
 ※参考URL:写真とメールが物語る、黙して語らぬ自衛隊員の姿(3/3)
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記