【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【政治】民主党政権 #05-12(外交)
2011年05月07日 (土) | 編集 |
民主党政権が災害対応にモタついている間に火事場泥棒が出ました。
韓国は、竹島近海で総合海洋科学基地建設事業などの開発を進めるため、建設業者の入札を行ったようです。【注①-A】
これも民主党政権のアマい対応が招いたものです。
ここまできても松本剛明外相
 ・韓国側の竹島にかかる一連の措置は我が国として到底受け入れることはできない。
と言うだけで、具体的な行動を起こしません。
それだけで、どうにかなると思っているのでしょうか?
子どものケンカじゃあるまいに……具体的に何かをしなければ国際的なアピール度に欠けます。
そんな日本を横目で見ながら、韓国では国会の特別委員会を竹島で開催するよう計画していたとのことです。【注①-B】
実際には天候悪化を理由に開催は見送られましたが、日本の領土であればキチンとアピールを続けることが重要です。
にも関わらず……外務省アジア大洋州局の石兼公博参事官
 ・われわれの立場は先方に伝えている。
と述べるにとどまっています。
民主党政権になってから国際的な力は小さくなる一方のように思います。
これについて松本剛明外相
 ・竹島は日本の領土だ。韓国国会の委員会開催は中止されるべきだ。
と述べ、外交ルートを通じ中止を申し入れたことを明らかにしましたが、相変わらず……その程度でしかない状況が続いています。【注①-C】
要するにやりたい放題の何かに対して、口ばっかり……。
言うだけで効果的な対応ができない……それが民主党政権の姿です。

そんな大甘な外交に反発したのが自民党です。
自民党外交部会は、朝鮮半島由来の「朝鮮王室儀軌」などを韓国に引き渡す日韓図書協定の審議を拒否することを決め、その後、反対することに決定しました。【注②-A】
外務省は、日本統治時代に朝鮮総督府が保有していた日本由来の図書を韓国側が多数保有していることを部会で報告していますが、これらの引き渡しは求めず、一方的に日本側の資料を引き渡すとしたものですから、賛成しないのは当然でしょう。
民主党は何を考えているのでしょう?
韓国に日本で重要文化財に指定されている「対馬宗家文書」などがあることを確認しているにも関わらず、その引き渡しを求めないで、日本側の資料だけを引き渡す……。
そのような資料は、財の一部です。
それを無条件で引き渡すとは……。
国益を損ねていることが理解できないのでしょうか?
日韓図書協定は、昨年8月の日韓併合100年に合わせた菅直人首相談話に基づく措置とされていますが、日韓基本条約(昭和40年)で解決済みの問題を蒸し返すことになり、際限のない補償に道を開く危険性をはらんでいます。【注②-B】
そもそも日韓基本条約において、双方の請求権が「完全かつ最終的に解決された」と明記されていますから、今回の措置は互いの請求権を放棄したこの基本条約の趣旨に反するものであり、意味がわかりません。
これに対してフランスでは、朝鮮王朝末期の19世紀に持ち去った図書を韓国に貸与することで合意しています。
この差は何なのか???
これが民主党政権の弱腰外交の結果です。
自民党からは「片務的に過ぎる」と疑問の声が上がっていますが、当然の指摘です。
民主党は、どこの国の政党なのか?何を守ろうとしているのか?理解できません。

大甘な外交は対韓国だけではありません。
枝野幸男官房長官は、北朝鮮が麻薬密輸の疑いがあるとして日本人男性3人を拘束したことについて
 ・報道は承知しているが、事案の性質上、コメントすることは差し控えたい。
と述べています。【注③】
政府が国民を守らないで、どうするのでしょう?
これでは民間交流は望むべくもありません。
国の責任を放棄するような発言をするのであれば、国会議員を辞めるべきです。

そして対中国では……。
沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件で不起訴処分となった中国人船長を那覇検察審査会が「起訴相当」と議決しました。
これにについて松本剛明外相
 ・今後検察当局が適切に判断するものと思う。私から申し上げることはない。
と述べました。【注④】
そもそも公務執行妨害容疑で逮捕されながら不起訴処分(起訴猶予)となった時点でおかしいのではないか?と思うのは、私だけではないでしょう。
同じことを日本人が行った場合も、不起訴処分(起訴猶予)にするのであれば話は別ですが、そんなことはありえません。
これについては国民の意思が「起訴相当」なのですから、船長を日本に呼んで再聴取を行う要請を含め、政府は国家の意思を毅然と示す必要があります。

で……キチンと対応しなかった結果……。
2010年度に日本領空に接近する外国機に対して航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)した回数が前年度比29%増の386回に上ったと防衛省が発表しました。【注⑤】
中国機は前年度の約2・5倍ロシア機は約3割増……。
これが民主党政権の大アマ外交の結果です。
スクランブルの経費は、当然ですが税金で負担することになりますから、回数は少ない方が良い……しかし民主党政権になってから増える一方です。

そんな弱腰外交をした結果、アメリカのウォールストリート・ジャーナルが、竹島を韓国名の「Dokdo(独島)」と表記した広告を掲載しました。【注⑥】
民主党政権は抗議したようですが、そもそも外交姿勢がキッチリしていれば発生しなかったことです。
この件は、間違いなく民主党政権の弱腰外交が生んだ罪です。

次々と国益を損ねているのが民主党政権ですから、早々に辞めてほしいものです。


▼▼▼【注】はこちら(続きを読むをクリックしてください)▼▼▼
■■■ 【注】 ■■■

【注①-A】
 ※参考URL:竹島開発の業者入札、日本大使館が韓国側に抗議
 ※参考URL:松本外相、竹島「海洋基地」落札で、韓国に抗議「到底受け入れられない」
【注①-B】
 ※参考URL:竹島で韓国国会開催計画 「天候悪化」で延期
 ※参考URL:外相、竹島での韓国国会開催に「日本の領土だ。中止すべき」抗議
【注①-C】
 ※参考URL:松本外相、竹島基地計画で韓国大使に抗議
【注②-A】
 ※参考URL:韓国文化財引き渡しの日韓図書協定 自民部会、審議拒否を決定 国会承認暗礁に
 ※参考URL:日韓図書協定に反対 自民部会が決定 来週にも衆院承認へ
 ※参考URL:日韓図書協定、衆院外務委が可決 自民は反対
 ※参考URL:日韓図書協定、衆院外務委が可決 自民は反対
 ※参考URL:日韓図書協定 衆院を通過 5月中に発効へ
【注②-B】
 ※参考URL:日韓図書協定 片務的な対応は禍根残す
【注③】
 ※参考URL:枝野氏、北朝鮮の邦人拘束「コメント控える」
【注④】
 ※参考URL:尖閣衝突事件・中国人船長「起訴相当」議決 松本外相、コメント避ける
 ※参考URL:船長「起訴相当」 再捜査で国家意思を示せ
【注⑤】
 ※参考URL:空自の緊急発進386回…中国機は2・5倍に
【注⑥】
 ※参考URL:日本政府、米紙に抗議 「独島」と表記の広告掲載
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記