【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【整体】保険
2011年06月18日 (土) | 編集 |
ようやく届いた……私が加入している保険の今年の証書です。

seitai@hoken01U.jpg

整体をする以上、何らかのアクシデントが発生する可能性は否定できません。
どんなに気を付けていても……絶対に発生しないと言い切ることはできません。
これは人間を相手にする以上、RISKとして受け入れておくべきことです。

このようなRISKは整体についてのみ言えることではありません。
相手が自然物であり、その自然物と接触する作業をする場合には、必ず受け入れておくべきものです。
柔道でも空手でも……スポーツインストラクターでも……。
ペットのケア(毛のカットやシャンプーも含みます)でも樹木の剪定などでも同様に存在します。

あまりRISKを強調するつもりはありませんが、存在している以上、保険に入っておくことは必要です。
本業ではないからとか、無料だから……ということはアクシデントが発生しなければ言えることで、アクシデントが発生すると何の意味も持ちません。
スポーツにはスポーツ保険があり、柔道教室では全員強制加入にしています。
各々が生命保険で付加しているものがあっても……です。

保険は「何かあるかもしれない」という可能性(RISK)に対して用心しておくものです。
医療保険も自動車保険も……保険と名の付くモノは同じでしょう。
それらは権利だったり義務だったりしますが、そもそも責任感によっているものだろうと思います。
しかし……そういう意味であれば、何か起きた時の準備は義務であっても良いように思います。
何をしてアクシデントがあったら……というRISKに対する用心は絶対に必要なものでしょう。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記