【ひとりごと】or【どこかで誰かと話したこと】で、ほとんどがメモ代わりです。日記をはさみながら気になることや思い付いたことを色々と書こうと思いますが、かなり大雑把に書きますし、比喩表現を使いますので、専門の方からすると「変(正確でない)」と思われることがあるとは思います。また冷たい(厳しい)言葉を使う(らしい)ので、よく「冷たい人」と言われますから、その前提で読んでください。
【政治】民主党政権 #21-06(選挙)
2011年06月27日 (月) | 編集 |
与謝野経済財政政策担当相の時もそうでしたが、また国民をバカにする行動に出た国会議員がいます。

自民党の浜田和幸参院議員(鳥取選挙区、当選1回)は、枝野官房長官から復興相新設に伴う人事で政務官就任を打診され、要請を受け入れるため自民党離党する意向を表明しました。【注①】

浜田和幸参院議員
 ・自民党の党籍を離れることは考えていないが、党籍が障害になるのなら大きな目的のため小さな障害は乗り越えていきたい。


おいおい……自民党の名で票を投じてもらっておいて、何を考えているのでしょうか?
その行為は、票を投じた有権者に対する詐欺のようなものだとわからないのでしょうか?
民主党が「マニフェスト詐欺」で与党になったこと、その後の与謝野氏の動き、そして今回……それから考えると国民を騙した者勝ちだと思っていないか?と疑ってしまいます。

これに対して自民党は、大きく反発しています。【注②】

脇雅史自民党参院国対委員長
 ・自民党から引き抜くことが本当の意味での与野党の枠を超えた震災復興につながるのか。
 ・菅直人首相の下では復興は進まない。一刻も早く退陣すべきだ。
林芳正自民党政調会長代理
 ・1人を引き抜いても参院で野党が過半数を占める『ねじれ国会』の状況は変わらない。与野党協力は一層厳しくなる。
自民党幹部
 ・自民党公認で議席を得たのに非常識だ。
自民党執行部
 ・菅政権の延命に手を貸すような行為は国民にも有権者にも到底、理解されない。


これが正論でしょう。
国会議員が得た票は、国会議員のものではありません。
国会議員は、あくまでも票を投じた人の意見を代弁するための存在ですから、票を投じた大多数の人が賛同しなければ党を出ることはできません。
そうしたいなら国会議員を辞めて再度選挙によって選出されるべきです。
何を考えているのでしょうか?
そんなこともわからない人だから民主党に狙われたのでしょう。

この引き抜きを実行したのが枝野官房長官ですから、自民党民主党に対する不信感は大きくなっただけです。
これで与野党協議の壁は高くなったと思われます。
この時期に、こんなことをする……。
そもそも選挙における票の意味がわかっていないのでしょうか?
マニフェストも嘘なら、今度は引き抜き……。
民主党は、選挙制度をバカにしていないでしょうか?
それは国民をバカにしているということです。
民主党は何がしたいのでしょうか?


▼▼▼【注】はこちら(続きを読むをクリックしてください)▼▼▼
■■■ 【注】 ■■■

【注①】
 ※参考URL:自民・浜田議員、離党し政務官就任の意向
【注②】
 ※参考URL:「非常識」と反発 浜田氏離党意向で自民「与野党協力は厳しく」
 ※参考URL:自民「菅政権の延命に手を貸すような行為」と批判 復興担当政務官就任に応じる浜田氏を除名処分へ
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記